さっぽろラウンドウォーク セミナー朝刊小説 札幌誕生 あらすじ

2024年03月01日

挿絵日記 札幌誕生 177〜192

IMG_2898IMG_2899





向井八重子は明治三十九年(一九〇六)にイギリス人宣教師ジョン・バチラーの
養子になった。
六年後の大正元年、八重子の実父富蔵が生前に買い取った土地に対して
訴訟を起こされ、登記の手続きの不備に付け込まれ敗訴してしまう。
その翌年、東京帝国大学からアイヌ語取調べの嘱託を受けた金田一京助が
バチラー家を訪ねてきた。

登場人物

八重子 フチ(向井八重 むかいやえこ)
ジョン・バチラー
ルイザ・バチラー
金田一京助


にほんブログ村 その他日記ブログ 備忘録・メモへ
にほんブログ村




これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



webtraveler at 06:50│挿絵日記 
さっぽろラウンドウォーク セミナー朝刊小説 札幌誕生 あらすじ